伝説のスカウトマン会話術の極意

相手の心をすぐに掴める!?会話術

休みの日に出かけているときも常にビジネスチャンスや良い情報がないか探していると奥野氏が言っていたように、「常に情報を得ておく」という事は話題に困らないので、相手との良好な関係を作る1つの手段として大事な事ですよね。
奥野氏は会社経営をしていた際に従業員が全員やめてしまうという経験をしたため「話をするよりも相手の話を謙虚に聞く事」を大切にしているそうで、ノリが良くても会話がしっかりとできていなければ会話として成立しないため、相手の話を親身に聞いてあげる事で相手の心を掴むことができます。
その他に相手の話を聞きつつ、多様な表情で身振り手振りを加えながら話すのも相手の心を掴む方法の1つで、1人の人と会話をする時は、様々なリアクションを交えながら、タイミングを図って相手に質問をたくさんする事で相手にたくさん会話をしてもらう事ができます。

会話力が向上するように努力しよう

会話力を向上させる1つに相手に自分自身の気分の浮き沈みを相手に見せない事」だと奥野氏は言っていました。
気分の浮き沈みやモチベーションが一定に保たれていると相手の前で気分の浮き沈みを悟られる可能性が低くなります。
奥野氏は気分の浮き沈みやモチベーションを一定に保つため午前中はプールやジムで運動してから午後に出社するそうで、このサイクルを続けているからこそスカウトとして結果を残せているのかもしれませんね。
その他に相手との信頼関係を築く事も会話力が向上する大切なポイントです。
相手と真剣に向き合うことで信頼関係をより良く築く事ができます。
奥野氏は、キャバクラで働きたいと言ってきた女の子がキャバクラで働くのは向いてないな」と思ったら相手のためを思いハッキリ言ってしまう事もあるそうです。


この記事をシェアする