キャバクラ嬢のスカウトマンって何?

奥野氏ってどんな人

友人からの依頼で19歳の時にスカウトマンをはじめ、才能を開花し20歳になる頃には、月60万円の収入を受け取れるようになり学生店長になる事ができました。
23歳でスカウト会社を開業し歌舞伎町で最大規模のスカウト会社となったため、全国にスカウト会社を拡大させようと思った矢先に路上スカウトが全国的に規制され始め、全国に拡大させるのを断念したようです。
スカウト会社の他に新宿でカラオケバーや六本木でワインバーを開業したりしていて、不動産関係やIT事業関係や店舗デザインなどの仕事も行っていました。
2014年にキャバクラ嬢に仕事を紹介する会社「キャバ求」を開業した方です。
キャバ求を開業した際に「女性が持つ最大限の可能性を正しい場所で引き出し綺麗に花を咲かせられる場所に連れて行く」という意気込みをブログで語っていました。

子供時代とスカウト時代

1979年4月に奥野氏は東京都で誕生しました。
6人家族で、奥野氏の父親が複数のキャバクラの経営者で、姉と妹がいます。
幼いころから父親がキャバクラを経営していたため夜の世界は、奥野氏にとって遠い存在ではなく近い存在だったのかもしれません。
父親の経営するキャバクラへ幼いころから出入りすることも多かったり、姉と妹がいるため、女性慣れしていたり、女性に対する気遣いが幼いころからできていた可能性が高いです。
19歳くらいの時に友人から依頼されたのをきっかけにスカウトマンを始め、奥野氏がスカウトした女性は、キャバクラ嬢としてだけではなくキャバクラ嬢以外の職業で成功している方が多いです。
奥野氏がスカウトした歌舞伎町ナンバーワンになった方が自身の体験を執筆した小説「ユダ」は映画化されるほどの人気となりました。


この記事をシェアする